ダービース・ワインズ/レ・ピノ・ロシアン・リヴァー・ヴァレー

『元 “オーパスワン” 醸造ディレクターの女性が造る大注目ワイン!!』

ワインメーカーでありオーナーのセシル・レマール・ダービース女史は、フランスのシャンパーニュ地方出身。大手グランメゾンへのブドウ卸業を営む家庭に生まれ、幼少の頃よりワインに囲まれていました。フランスにてブドウ栽培学、醸造学を修めた後、彼女は世界中の一流ワイナリーで醸造に携わることとなります。

まずは地元のボランジェでシャンパン造りを学び、その後シャンパンメゾンのジャカールに移籍した彼女は、同様の造りで名を馳せる造り手との運命的な出会いにより、生まれ故郷を離れる決意を固めました。セシルが選んだ新たな移籍先は、同じく欧州出身でインシグニアを手掛けたウォルター・シュグ氏がオーナーとなるシュグ。場所はカリフォルニア。シュグでは直接ワインに触れる場に身を置き重責を担いますが、彼女のキャリアアップはこれで終わることはありませんでした。

その後、コーベルやイスラエルのゴラン・ハイツなどで経験を積むと、遂には1998年オーパス・ワンにおけるワイン・メーキングの最重要ポジションである醸造ディレクター(醸造部長)のポストに就任することとなりました。1998年、1999年、2000年と3年連続で醸造部門の責任者として活躍した彼女は2001年オーパス・ワンを去り、ソノマ群ロシアン・リヴァー・ヴァレーに畑を購入し、独自のレーベルを立ち上げます。

手掛けるワインは、彼女のアイデンティティに基づき、故郷シャンパーニュの品種でもあるピノ・ノワールとシャルドネ。彼女の造るワインは優しく穏やかでありながら、ブドウの特徴が余すことなく表現されています。

生産者
ダービース [Derbes]
ワイン名
レ・ピノ・ロシアン・リヴァー・ヴァレー [Pinot Noir Santa Maria]
タイプ/容量
赤ワイン/750ml [Red / 750ml]
生産地
アメリカ/カリフォルニア/ノース・コースト/ロシアン・リヴァー・ヴァレー
[USA/California/North Coast/Russian River Valley]
ブドウ品種
ピノ・ノワール 66% [Pinot Noir 100%]
ピノ・ムニエ 34% [Pinot Meunier 34%]
コメント
手摘みの収穫はもちろん、選果、茎なども取り除き、ブルゴーニュの酵母で発酵、その後、100%フレンチオーク(内10%は新樽)で11ヶ月の熟成させます。ダービースのワインは、基本的に無濾過で瓶詰させるのでワインの旨味が凝縮したスタイルとなります。ピノ・ノワール最大の魅力であるストロベリーの香りを中心に、ラズベリーなど赤系フルーツがふんだんに香り、タバコの葉やミント、コショウなどスパイスのニュアンスも感じられます。口中に含むと、おそらくピノ・ムニエ種からくるブラックベリーのニュアンスが感じられ、酸と果実味がバランス良く広がり、ダービース・ワインの特徴である余韻の長いジューシーな口当たりが楽しめます。
参考小売価格
8,500円 (税別)
JAN コード
4582245860701